ホーム > 婚活応援ブログ > 社会 > 一流のなかの一流

婚活応援ブログ

一流のなかの一流

「一流」と聞いて思い浮かぶのは?

 

●●さん、○○先生、

すごい、偉い、賢い、上手い、稼いでいる、有名な人・・・

 

ジャンル問わず、常人の域を超えた優れた能力や

大勢の心を動かしたり、救済したり、

支持する人数を度外視しても、

なんらかの絶大な影響力を示した人が

そう呼ばれます。

 

 

じゃあ、誰もが認める一流は存在するのか?

うーん、

個々の価値観、評価する部分も違ってくるので

「該当なし」でしょうか?

 

何よりも、エゴがある以上

それぞれの「ものさし」がありますからねぇ。

ライバルや嫉妬する人などは断じて「いいね!」しませんし(笑)

 

えつ?私にとって?

今の世界観でいいますけど

 

まずは、常に限界に挑戦し続けるか。

常識なり定説なりぶち破ろうとする

猛烈な勢いです。

でも

勝ちたい。越えた先を見てみたい。

→だから頑張る。

では、まだまだ幼い気がする。

 

最終的、極限で、何をつかみたいのかを

明確にしようとする貪欲な意識づけが

実践(頑張り)のベースにあるかどうかが

道を分けるポイントかなと。

 

狂った部分を車輪のひとつに配したからこそ

突き抜けられるのかもしれません。

賢さと狂気の協演ですから

成熟した高等なテクニックですよ、これ。

 

んで、この戦力ってスピリチュアリティですね。

(霊性、宇宙意識とか)

この見えない力と理性の調和を

司令塔にして地上で発揮できる人に

惜しみない拍手を送りたいですlaugh

 

 

全ての人の暮らしにスピリチュアリティが息づけば

誰もが認める一流の定義は

一致するのかもしれません。

 

 

 

社会   2017/08/23   KUMI