ホーム > 婚活応援ブログ > 欲求 > 窓口と可能性を広げる①

婚活応援ブログ

窓口と可能性を広げる①

元こだわり屋さんが

条件を見なおして窓口を広げた場合

 

チャンスの数も質も違ってきます。

 

妥協 = 明るくない未来予想図

をはなから描いていませんか?

お見合いは、いわば

相手が「自分」に合うかどうか

の審査です。

対面前の予測値と

実際に会った時の印象の差をだして

今後の期待値を見積もり

次の一歩を選択するわけですよね。

 

ほとんどの人は

自己の最大の理解者は「自分」で

それ以外にあるはずがないと

信じて疑いません。

 

しかし、

他者と何か共有できたときに

実はそうでもなかった。

と勘づきenlightened

定説がひっくり返ることがあります

もちろん、感知せずに一生終える人もいますけど。

 

 

今回、強調してお伝えしたい二点は

 

●孤立を極めても

「自分」「自己」を

‘完全に理解する’ 方法は

見つからない。

 

●だからこそ

未完成の人間(わたし、あなた、みんな)

の伸びしろに興味をおぼえると

進みたい方向性や、人との関わり方も

次第に変わり、世界が広がる可能性があること。

( 冒頭のチャンスとはこのこと ↑ をさしていました )

 

では、どうやって

出会い(お見合い)に関わっていくか

②に続きます。