ホーム > 婚活応援ブログ > 迷い > お見合いに対する「壁」

婚活応援ブログ

お見合いに対する「壁」

恋愛結婚 

お見合いを検討している人にとって

見えない壁はありませんか?

 

できれば、普通の恋愛結婚がしたかった。

普通の恋愛も続かないのに結婚なんてできるの?

 

昔は、過去にさかのぼるほど

個人よりも家の力やしばりが

今よりもずっと強かったので

恋愛関係が生まれ、育める環境が

身近にありませんでした。

 

そろそろ結婚ね。

と動き出すのも、主導権をにぎるのも、

本人ではなく周りにいる人たち。

 

ですので、

お見合い→結婚 

が世間の主流でした。

 

候補が見つかると、

「お見合い」の席が設けられます。

立ち会う親御さんも大切な息子や娘が

将来悲しむ顔なんてみたくありません。

何人かと見合いし、本人たちの意思も聞き入れ

総合的な判断で決められました。

 

お見合いをきかっけに

恋愛感情が生まれることもあったでしょう。

 

お見合いの優れたところは

終始、冷静さを保てるので

→  自己や生涯を見つめるゆとりがある。

→  相手に求める条件を修正できる。

第三者の客観的なアドバイスがあり

一生の絆を築けるかどうか、ブレずに決断できる。


とても合理的な手段です。

そこに意義が見出せれば、壁は消えます。

 


「普通」は、正解でも常識でもなく

境界線があやふやです。

なのに行動心理によって「普通」にすいよせられるから

異なる行動をとろうとした時に

正しくない・・・?って戸惑ってしまう。

フツーについては別途。

迷い   2017/01/12   KUMI